赤ちゃんアトピーと衣類

アトピーの赤ちゃんにいいとされる素材

アトピーにはオーガニックコットン

アレルギーの問題は昔に比べて大きな問題となっています。日本では3人にひとりがなんらかのアレルギーを持っており、また子供では10人にひとりが小学生になるまでにアトピー性皮膚炎を発症しているのだそうです。

初めての赤ちゃんを持った新米のママさんにとって育児は喜びと共にいろいろな不安もあるものですが、赤ちゃんがアトピーである場合、なおさら不安やストレスがあることと思います。大人のアトピーが生活環境にその原因が由来するのに対して、赤ちゃんから子供までのアトピーでは食物がアレルゲンであることがほとんどなので、赤ちゃんの衣類が原因である例は多くないと思われます。

しかし、赤ちゃんのお洋服の素材や取り扱いについて見直してみることで、アトピーの症状を和らげることは大いに期待できます。赤ちゃんのアトピーについて、またその改善方法をお知りになりたい場合はこちらを読んでみてください。

ここでは衣類を中心にした対策とアイデアをご紹介して行きます。まず、前述のように赤ちゃんのアトピーの原因はおおよそ食べ物であることが多いので、アレルゲンを避けて生活することで、成長してお肌が丈夫になると治ってゆくケースが多いですが、症状があるうちは衣類にも気を配りましょう。

アトピーの赤ちゃんのお肌によいとされているのは何と言ってもオーガニックコットン素材100%のものでしょう。赤ちゃんは大人に比べてたくさん汗をかきますが、汗が乾くと皮膚に残った塩分がお肌の刺激になります。コットンは吸湿性がとても高いことが特徴で、汗をよく吸ってくれ、雑菌の繁殖も抑えてくれます。

オーガニックコットンとは、化学肥料を3年以上使っていない畑で作られたコットンです。また、収穫したコットンを布地に仕立ててゆく際に化学物質による加工を行っていないこともその条件になります。

しかし実際に市場に出回っている商品の中には、素材の100%全てがオーガニックコットンではないものや、染色の工程で化学物質を使っているものも多くあります。製造している会社や取り扱っているお店に問い合わせるなどして、なるべく質の高いオーガニックコットンを選びましょう。

Copyright © アトピーの赤ちゃんにいいとされる素材. All rights reserved.